弊所について

行政書士にできること

弊所への依頼前に目をとおして頂けると幸いです。

お堅い文章をそのまま貼り付けて「はい、読んでくださいね」というスタンスは好きじゃないので、自分の言葉で説明します。

行政書士ができること

簡単に言えば「書類の作成」と「契約手続きの代行」です。

役所や事業者に提出する書類を本人の代わりに作ったり、契約の代行をします。

よくある例を挙げます。

  • 事業を始めるための申請書類作り
  • 本人の代わりに行う市役所や県庁との打ち合わせ
  • 本人の代わりに行う色々な書類の収集や、そのための連絡代行
  • 申請に使うための、店舗図面の作成
  • 契約ごとの代行や協議

本人の代わりに、結構いろいろなことができます。

しかも、これは行政書士にのみ認められた権利です。

行政書士ではない一般人や、他士業が勝手に同じことをすると、捕まることもあります。

弊所はこの権利を活用して、ただ申請書類を作成するだけでなく、契約ごとの代行や各種機関との連絡取り次ぎを行います。

行政書士ができないこと

「他士業しかできないこと」はできません。

契約や交渉ができるといっても、法律トラブルは弁護士です。

建物や会社の登記(法務局での登録手続き)は司法書士です。

社会保険や年金関係の手続きであれば社会保険労務士です。

まとめ

このように書くと「なんでもできると言いつつ、なんにもできじゃないじゃん!」となるかもしれません。

弊所ウェブページを訪れる方は、これから事業を始めようと考えている方が中心だと思います。

弊所ができることは「事業許可の取得に関する書類作りや契約の代行」だと覚えてください。

 

行政書士は「ただ書類を作るだけ」ではありません。

書類収集や契約の代理、交渉もできるので、うまく活用すればスムーズに許可の取得まで進むかもしれません。

ABOUT ME
吉川彰太郎
障害福祉施設の開業、運営コンサルティングに特化した行政書士です。 障害児者やその家族の人生を支えるべく、事業所がより質の高いサービスを提供できるよう様々な情報発信を行います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)