未分類

【資金調達】福祉事業者でも申請しやすい福祉貸付事業とは

WAMネットの運営母体である、独立行政法人福祉医療機構の、福祉貸付事業について解説してみました。

障害福祉事業のための融資 ①福祉貸付事業について

来訪せずとも、相談、融資が可能です。

問い合わせ窓口

東日本

福祉医療貸付部 福祉審査課 融資相談係
  • 03-3438-9298
  • 03-3438-0207

西日本

大阪支店 福祉審査課融資相談係
  • 06-6252-0216

東、西とは以下のように分かれています。

(引用URL:https://www.wam.go.jp/hp/fukui_shingatacorona/)

福祉貸付事業の概要

大まかにまとめると、以下のようになります。

対象者:新型コロナウイルスの影響により事業の継続に支障のある事業者

「貸付条件」

対象者:新型感染症により、以下のような状況にある事業者様

  • 施設機能の一部または全部を停止している
  • 一定程度サービス利用者及び収益が減少している
  • 一定程度サービス利用者及び収益減少が見込まれる

償還期間:10年(据え置き期間5年以内)

貸付利率:当初5年間 3000万円まで無利子/3000万円を超える部分は0.2%(6年目以降0.2%)

貸付限度額:なし(無担保貸付の場合6,000万円)

その他 原則保証人が必要だが、0.05%の利率上乗せにより不要とすることもあります。所定の審査があり、希望に沿えない場合もあります

 

対象となる事業について

弊所が対応している事業も全て本融資の対象となっております。

また、一般社団法人、株式会社、合同会社、NPO法人いずれも対象とされています。

https://www.wam.go.jp/hp/wp-content/uploads/fukushi_corona_yuushitaisyou.pdf

  • 居宅介護
  • 障害児通所支援
  • 就労継続支援
  • 共同生活援助
  • 生活介護
  • 一般相談支援事業、特定相談支援事業

 

申込の手順

事業間もない場合や、赤字経営の場合は改善計画書の添付が求められます。

福祉貸付における新型コロナウイルス感染症対応のための経営資金のお手続きのごあんない(独立行政法人福祉医療機構)https://www.wam.go.jp/hp/fukushi_shinngatacorona_moushikomishorui/#corona_qa

改善計画書の作成が必要な事業者様

  • 法人設立後まもなく決算期を迎えていない場合
  • すでに法人運営中だが、経常赤字や債務超過等経営改善が必要な場合

借入申込書のみで、改善計画は不要な事業者様

  • すでに法人運営中で、経常赤字や債務超過でない場合

借入申込書の添付書類

主に必要な書類は以下のとおりとなりますが場合によっては追加で任意書類を求められる可能性もあります。

  1. 主な説明項目
  2. 借入申込書
  3. 施設の責に帰することができない理由により機能を停止した際の経営資金に係る申請書
  4. 決算関係書類
  5. (必要に応じて)収支改善計画書
  6. 主な法人概要
  7. 新規法人について、法人登記簿謄本または登記事項証明書の原本
  8. 個人補償の場合、連帯保証人承諾書の原本
  9. 借入がある場合、既往借入金の状況(法人全体)
  10. 有担保貸付の場合、敷地、建物、担保予定の状況
  11. 有担保貸付の場合、登記簿謄本または登記事項証明書
  12. 有担保貸付の場合、担保物件の評価額
  13. 必用に応じて、その他添付を求められる書類
  14. 契約までに、都道府県・市町村意見書
  15. 借入にかかる法人理事会の議事録の写し
  16. 印鑑証明書

 

大まかな手続きの流れ

  1. 借入申込の受理手続き
  2. 融資審査
  3. 金銭消費貸借契約
  4. 貸付金交付

 

本融資にかかるQA

どのように手続きすればいいか

福祉医療機構ホームページや電話にて制度を確認のうえ、融資相談表を作成、機構に送付をすること。

のち借入申込の手続きが案内されます。

 

融資実行までどれくらい日数がかかるか

具体的には示されていません。

可能な限り通常の審査より簡素化のうえ、融資を行うとされています。

また事業者様のご状況によっても日数の変更はあり得ます。

 

どのような資金について融資を受けることができるか

経営資金に関するものであるため、新施設にかかる「建築資金」「施設整備資金」については対象外となります。

 

借入ができたとしても、返済できるか不安である

返済に不安の生じた事業者様については顧客業務部顧客業務課(03-3438-9939)にて相談を受けています。

当面6カ月の元本および利子の支払いについて、償還猶予などの対応もあります。

 

まとめ

問い合わせ先については、以下のようになります。

東日本

福祉医療貸付部 福祉審査課 融資相談係
  • 03-3438-9298
  • 03-3438-0207

西日本

大阪支店 福祉審査課融資相談係
  • 06-6252-0216

参考URL

https://www.wam.go.jp/hp/fukui_shingatacorona/

必用な書類、工程がある程度の量目が想定されます。

弊所も相談に応じることができますので、ご関心がありましたらお問合せよりご連絡願います。

LIM行政書士事務所メルマガ支部

障害福祉事業の新規設立・運営についての情報発信をしています。

記事更新のお知らせや、新しい企画のお知らせはこちらから行いますので宜しければご登録ください。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)