事業経営

【質問】是非、他社様にご依頼ください

大変申し訳ありません。まずは他社様にご相談をしてみてください。

弊所は安さをウリにしたサービス設計をしていないためです。

(もちろん「良いものを安く」できるよう業務効率・工程の見直しには努めております)

 

ごくまれに「行政書士って仕事なくて困ってるんでしょ」「うちと繋がればwin-winな関係になれますよ」といって上下関係を作ろうとしてくる方もいますが(このような行為を(「マウンティング」と言います)、そういった雰囲気を感じ取った場合、受任をお断りしております。

 

幸い、仕事にもお金にも困っていませんのでお互いに気持ちよく業務を進めるためにもクライアントを慎重に選んでおります。

 

  • 作業工程を削減(貴社に行っていただく作業範囲を増やす)
  • 希望期日へのコミットなどの責任を落とす(そのことにより開業希望月がずれるリスクが高まる)

でよろしければ、費用感を調整することはできますが、弊所としても不要なトラブルは避けたいので、受任状況によってはお断りすることもあります。

 

もちろん弊所職業倫理として作業効率・精度を高めるために業務フローは改善に努めております。

よろしければ以下の記事もご参考ください。

【事務所運営】指定申請の料金はいくらですか?本カテゴリーでは、弊所に業務のご検討を頂く際によく受ける質問や事業経営に対する弊所の考え方などをまとめております。 単なる弊所の主...
LIM行政書士事務所メルマガ支部

障害福祉事業の新規設立・運営についての情報発信をしています。

記事更新のお知らせや、新しい企画のお知らせはこちらから行いますので宜しければご登録ください。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)